読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーノート

19歳の感性で出会ったものを伝えていく。今年の目標は『成功』

おすすめ記事です

G2Aが日本のWebmoneyに対応!購入方法教えます!

ZOZOTOWNのセールは絶対買うな!本当にいい服に出会うための鉄則

※4/27更新※PUBGに必要なPCスペックまとめ。ギリギリ快適を攻めてみた!

PUBGは重い!

PUBGはグラフィックが見た目に対してかなり重いゲームです。

並大抵のノートパソコンでは動かず、最新CPUとミドルスペックグラボが必要になりそうです。

追記 4/26

4/20のアップデート以来、 フレームレートが上昇傾向にあります。

町中ではまだまだ75~ぐらいですが、草原では120fpsが出るようになりました。

軽量化は↓の記事記述しておりますので、ぜひ見ていってください。

 

295x2.hateblo.jp

 

ですが今回は、PCスペックで解決しちゃおう!ということでこれを買えばギリギリできるスペックを検討してみました。

これから新しいゲームが出るのにも同時に備えられるので、見ていってください!

 

僕が考える推奨スペック

PUBGには推奨スペックが記載されておらず、どのぐらいのものがいいかわからないかもしれません。

 

僕が考える推奨スペックはこちらです。

 

OS:64bit Windows 7・8.1・10

CPU:Core i5 7500 (4コア4スレッド)

メモリ:8GB以上

GPU:Nvidia GTX 1060

ストレージ:SSD

 

CPUの選び方

選択肢はIntelとAMDの2つです。

AMDのCPUはコア数が多いですが、PUBGが複数コアに対応しているという情報がないため、あまり多くても意味が無いのかもしれません。

 

Intelなら最新世代一択。

最新CPUだと新しいテクノロジー(M.2に指すRAMとか)の恩恵を受けられることがあるほか、もちろん高性能。

 

おすすめCPU

Intel Core i5 7600K

Intel CPU Core i5-7600K 3.8GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57600K 【BOX】

Intel CPU Core i5-7600K 3.8GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57600K 【BOX】

 

 

i5の中では最大のポテンシャルを誇る7600K。i7にあるHTという機能を、ゲームでは使わないためにi5なのです。OCができるCPUということで今後数年に渡って活躍できそうです。

価格もi7に比べて抑えられており、コスパがよいですね。

 

このCPUをOCするときはZ270マザーボードが必要になるので合わせてご購入ください。

↓こういうやつ

 

ASUSTeK Intel Z270搭載 マザーボード LGA1151対応 PRIME Z270-A 【ATX】

ASUSTeK Intel Z270搭載 マザーボード LGA1151対応 PRIME Z270-A 【ATX】

 

 

メモリの選び方

メモリは、性能よりも容量を重視するべきです。

今回は8GBとしましたが、今後はそれ以上を要求するゲームが出てくるかもしれません。

 

おすすめメモリ

CFD GAMING MEMORY 4GBx2

 

CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GBx2枚 288pin (無期限保証)(Ballistix by Micron) W4U2400BMS-4G
 

 

ゲーミングと名の付いているメモリ。

最低8GBが欲しいということでこれを選びましたが、ぶっちゃけメモリの違いなんてよくわからないので8GBのやつを買っておけばOK。

 

このメモリがおすすめの理由は熱放射の板がついている点。

安定性を求めるならちょっと高くてもこういうタイプを買うべきです。

 

グラボの選び方

グラボは1000番台がおすすめです。

以前より価格が落ち着き、省電力かつハイパワーなので700や600世代を使っている人は買い替え時だと思います!

 

おすすめグラボ

ZOTAC Geforce GTX 1060 ビデオメモリ6GB

ZOTACを選んだ理由はただ単に安いからです。

750Ti→970とZOTAC製ですが、熱問題も気になるほどではないため、一番安いこれが良いと思います。

 

そしてビデオメモリ(VRAM)が6GBのほうがおすすめです。

VRAMはテクスチャを読み込む際に必要で、特にオープンワールドゲームで必要になります。

PUBGもオープンワールド。それに見合ったスペックというわけです。

 

実際の数値としても970よりも性能が出ているんです。

グラフィックカード性能比較ベンチマークテスト|ドスパラ公式通販サイト

 

1060は価格とスペックのバランスが取れていて学生には素晴らしいものですね。

 

SSDの選び方

コントローラーなど、難しいこともありますが最近のSSDは品質が基本的によく、耐久性は充分です。

ゲーム用にするなら256GB持っておけば大丈夫。

もちろん、128GBでも良いですがOSも入れたいなら256のほうがオススメです。

おすすめのSSD

 Samusung 850EVO 250GB

Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型  MZ-75E250B/IT

Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E250B/IT

 

 

その中でもおすすめなのが850 EVO。

 

SamsungのSSDはコスパと性能のどっちも良いというベストな選択肢の一つです。

ネームバリューがありますから、なんとなく安心できるというのもポイント

 

SSDを導入する最大のメリットがマップ読み込みです。

マップが先に読み込まれないことがHDDでは多々あるためSSDは必須に思えます。

4月20日のアップデートでもマップロードは改善されていません。

 

f:id:sea295x2:20170325154925p:plain

 

2017/04/27追記

勝ちたいならヘッドセットも合わせてどうぞ。

音の位置がわかることがいかに有利か。

 

BTO

まあ、PCごと買い替えたいよって人向けのBTOならマウスコンピュータのG-tuneがおすすめです。

 

ケースのこだわりが素晴らしく、掃除がしやすい設計になっています。

分解しなくても掃除機で吸うだけなので超簡単!

f:id:sea295x2:20170426225746j:plain

引用元:http://www.g-tune.jp/products/solution/nextgear-micro/

 

この前面フィルターつきの超巨大フロントファンでガンガン冷却してくれます。

そのためCPUやグラボが冷やされやすいんです!

 

G-tuneは他にも、DetonatoNGamingRampageUnsold Staff Gamingのスポンサーとしても有名です。

ゲームをするならG-tune1択。だってゲーマーの味方だから。

 

マウスコンピュータはこちらの画像またはリンクからどうぞ

 

マウスコンピューターでゲーミングPCを探す

 

 

関連記事

 関連記事も合わせてどうぞ!長いのでゆっくり見ていってくださいね