しーノート

19歳の感性で出会ったものを伝えていく。今年の目標は『成功』

UVERworldの最新アルバム・TYCOONに入りそうな曲をガチ予想!

TYCOONの収録曲は?

【早期購入特典あり】TYCOON(初回生産限定盤)(B3サイズ ミニポスター付)

UVERworld3年ぶりとなるアルバム、TYCOON(タイクーン)が2017年8月2日にリリースされる。

公式発表されている収録曲は一滴の影響DICEDEDだけだが、今回は他に入るだろう曲を振り返り、予想してみた。

 

前回出たアルバムはØ CHOIR(ゼロクワイア)

UVERworldのフルサイズアルバムが出たのは2014年のØ CHOIR(以降:0 CHOIR)だ。
0 CHOIRはIMPACT、7日目の決意、"Ø CHOIR"など、今もライブで定番として歌われる曲が多く収録されている。

 

今回も、新しい定番の曲が多く入ってくることが予想される。

 

0 CHOIR以降に出た曲一覧

僕の言葉ではない これは僕達の言葉

 

僕の言葉ではない これは僕達の言葉

僕の言葉ではない これは僕達の言葉

www.youtube.com

沢山の人達が出てくるPVが印象的な曲。
ビリビリとしたサウンドに合わせて、メンバー全員のコーラスがかっこいい。

 

言わなくても伝わる あれは少し嘘だ

www.youtube.com

ギターとピアノで進行するメッセージ性の高いラブソング。
いい意味でUVERworldらしくない、優しい曲。

優しさを前面に押し出したPVで、普段より激しさをかなり抑えている

 

Collide
Collide

Collide

  • UVERworld
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

コライドと読む。
イナズマロックフェスで歌われた、アップテンポな曲。
IMPACTに近い存在で、ぶち上がるようなザ・ロックを体現しており、イントロ部分のメンバーのドラム部分からクレッシェンドしてくのがアツい。

 

I LOVE THE WORLD

I LOVE THE WORLD

 

I LOVE THE WORLD

www.youtube.com

「ライブで踊れる曲がほしい」というコンセプトをもとに製作された*1。ボイスミックスや変調、テクノビートで魅せるハイテンションな曲。合わせてロック要素も含まれている
”あの対岸の火事 明日は我が身 Real”など、歌詞にも注目。

 

ライブでは、TAKUYA∞の体全体で表現するパフォーマンスと照明を上手く使ったストップモーションが見どころ。

 

PRAYING RUN

www.youtube.com

Prayは祈るという訳で、祈りながら走るという意味になる。
イントロの息と足音、歌詞の内容からしてもTAKUYA∞主体の曲と言える。

TAKUYA∞は毎日10キロ以上走ることが日課で、雨の日も怪我の日も走るクールな生き様を知っているともっと面白い。

 

WE ARE GO

WE ARE GO/ALL ALONE(初回生産限定盤)(DVD付)

WE ARE GO

www.youtube.com

TVアニメ パズドラクロスのOPに抜てきされた曲。
力強さが前面に押し出されており、曲の伝えたい、何もかも失っても未来は残っている(だから諦めるな)というところを強調している。

PVのTAKUYA∞の手にかかれているのは∞をベースに書かれたタトゥーシールである。

 

このPVのあとから始まる未収録曲、DIS is TEKIが存在。TAKUYA∞と信人がラップバトルをする曲で、最新シングルDECIDEDに収録が決定した。

www.youtube.com

 

ALL ALONE

www.youtube.com

「人はみな孤独」というコンセプトを軸に作られた曲。

都会の孤独な雰囲気がギターが表現されていて、アングラな暗さではUVERworldの楽曲でダントツ。

音は彰と克哉のダブルギターがメイン。ライブ映像では、実は見どころはこの二人ではないか、というほどかっこいいので、見る機会があったらぜひそちらにも焦点を合わせてほしい。

 

www.youtube.com

公式PVは20分のオリジナルドラマ、『1秒先 向かう者と ただ訪れる者』の第一話。

ALL ALONEを元にしたドラマで、見ごたえ抜群。時間がある時に集中して見て欲しい作品。

原案がTAKUYA∞のオリジナルフィルム企画で、第二話はTYCOON収録予定の"ほんの少し"。

 

一滴の影響

一滴の影響(初回生産限定盤)(DVD付)

一滴の影響

www.youtube.com

TVアニメ「青の祓魔師 京都不浄王編」のOPに起用。CORE PRIDE,REVERSIに続く青エクとのタイアップで、エレキギターの強力な音と心に残る歌詞が特徴。

 

歌詞は、アニメの内容とリンクしている面が強く、アニメを見るともっと曲が面白く聞ける。

 

エミュー
エミュー

エミュー

  • UVERworld
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

新宿スワンIIの作中歌として作られた、飛べない鳥、エミューをテーマとした曲。

UVERworldの楽曲で初めてホイッスルが用いられたほか、THE ONE(SE)と同じように女声コーラスが参加。

 

Forever Young

www.youtube.com

ラッパーのAK-69とコラボしたHIP-HOPソング。HIP-HOPパートのAK-69からサビのロックパートのTAKUYA∞への盛り上がりが聞いていて気持ちいい。

 

詳しくは過去記事を参照。

 

295x2.hateblo.jp

 

 

2015年のクリスマスライブ映像を見て思うこと。

 

 

今までマンネリしがちだったUVERworldのライブで、Rootsやハルジオン、WANNA be BRILLIANTなど、いままであまり取り上げられてこなかった曲が多くセットリストに採用されていた。

このことから、過去曲を入れるのではないか?という疑念が浮かんだ。

さらに、"過去の作品を逸脱する会心の1枚"*2というTAKUYA∞の言葉から、過去作のアレンジが入ってくる、という完全な妄想ではあるが、無い話という訳ではなさそうなことを考えた。

実際、CHANCEはいくつも出ているわけで。

 

ベスト・アルバム未収録の曲を幾つか紹介

セオリーとの決別の研究+81(シングル、REVERSI内)

 

セオリーとの決別の研究+81

セオリーとの決別の研究+81

  • UVERworld
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

UVERworldらしいかっこいい曲から始まったやいなや、いつの間にか信人の妄想ソロパートという、カオスなシーンに移る変わり種曲。

 

DIS is TEKIに続き、信人が目立つシーンがあってもいいのではないか?

ちなみに、曲の最後の克哉のセリフは「この流れ、リーダーのはずの俺は、今回も、出番なし。」。

 

THE SONG(シングル、THE OVER内)

THE SONG

THE SONG

  • UVERworld
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

アコギとエレキという、UVERworldらしさが出ていて、初めて聞いたのになぜか懐かしい、そんな曲。

ローペースな雰囲気といい、いつもの歌い方といい、メッセージ性の高い歌詞といい、いつものUVERworld故にどのファンが聞いても好きになれるはず。

あまりにもマイナーであるので、そのうち掘り返して欲しいものだ。

 

DEJAVU(シングル、ナノ・セカンド内)

 

DEJAVU

DEJAVU

  • UVERworld
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

REVERSIといい、THE OVERといいこれといい、人気曲のシングルには両曲が潜んでいる。

CD化された日本武道館の女祭りで歌われており、知名度はある程度あるはず。

心地いいライミングで、癖になる曲だ。

 

 どれもいい曲だが...。

このなかでも、特に人気の高いALL ALONEやCollide、praying runは入ることが容易に想像できるが、そのほかはなにを切り捨ててなにを入れるのかはわからない。

なぜなら、TAKUYA∞は濃厚と言っているからだ。絶対になにか変化球を織り交ぜてくるだろう。

 

それも含めて、8月2日のリリースを楽しみにしたい。

 

TYCOON(初回生産限定盤)

TYCOON(初回生産限定盤)