しーノート

19歳の感性で出会ったものを伝えていく。今年の目標は『成功』

SteelSeries Apex M500 最速レビュー

Apex M500を買いました

SteelSeriesのキーボード Apex M500を買いました。

早速レビューしたいと思います!

 

f:id:sea295x2:20160528212732j:plain

6Gv2の後継機として

設計はかなりシンプルです。

最近のデバイスでありがちな1677万色には光りませんし、マクロキーもありません。

キートップも普通の四角形をしています

 

それが逆に万人に受けるというか、購入するときのリスクは減るのかなと個人的に思いました。

バックライトは青色LEDですが、消せますし、とにかく要らない機能が少ない印象です

 

Fnキーに近い扱いとして、SteelSeriesキーがあり、ファンクションキーと併用してバックLEDの明るさや、音楽プレイヤーのコントロールがあります。

 

作り

キーの押し心地について少々問題あり。

シフトの左端が押し心地が悪く、引っかかっている点と、スペースキーは針金のようなものが入っているのか、変な音と微妙な引っ掛かりがあります。

どちらも中央部分を押せば解決。

原因は恐らく、大きいキーなのでガタツキを解消するための針金が入っているためです。

(追記:数ヶ月使っていると、慣れと柔らかくなったのか、だいぶ違和感が減りました)

 

他のキーは押し心地について問題なし。

 

いい点として差別化できているのは、ズレない点。

ゴム足の作りが非常によく、全く動きません。中に鉄板が入っているので1kgを超えており、耐久性と位置の保持に役立っています。

 

ソフトウェアの作り

可もなく不可もなく。

インストールすればバックライトの光り方やキー割り当てを変更できます。

無くても動作するので、入れるか入れないかは自由と言えます。


総評

赤軸を買う場合、他社製品と比較してシンプルな物が好きとかならばこちらを選んで間違いありません。

目立つ機能はありませんが、それ故にクセがなく万人向けです

 

 

【国内正規品】SteelSeries 日本語版 メカニカルキーボード Apex M500 JP 64495

【国内正規品】SteelSeries 日本語版 メカニカルキーボード Apex M500 JP 64495