読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーノート

19歳の感性で出会ったものを伝えていく。今年の目標は『成功』

おすすめ記事です

G2Aが日本のWebmoneyに対応!購入方法教えます!

ZOZOTOWNのセールは絶対買うな!本当にいい服に出会うための鉄則

Steelseries SiberiaV3をレビュー

SteelSeriesとSiberiaについて

Steelseriesはゲーミングデバイスブランドの総称で、ゲーミングデバイスの販売はヘッドセット、マウス、マウスパッド、キーボード、コントローラーと多岐にわたります。

また、プロゲーミングチームのスポンサーもしており、NaViやEvilGeniuses、日本だとDetonatorのスポンサーとしてデバイス提供などをしてます。

SiveriaシリーズはSteelseriesのゲーミングヘッドホンです。Siberiaシリーズは800,650,200などの種類があります。

新製品のSiberia200はカジュアル層を取り込むためなのか多色展開。

 

V3の外観

f:id:sea295x2:20151229183101j:plain

正面?から。 マイクは使用していない時は収納することも可能です。1年近く使いましたがマイクのワイヤーのヘタレはかんじませんでした。

頭のサイズ調節は黒いバンドとワイヤーでします。常に適度なホールドがあり、急に振り向いたりしてもずれたりはしないです。

イヤーパッドはさらさらした素材で汚れは付きづらいです。

マイクは単一指向性。

 

f:id:sea295x2:20151229183111j:plain

 

マイク側の裏。こちらにはミュート機構が備わっています。

スイッチは硬すぎず柔らかすぎず。

 

f:id:sea295x2:20151229183119j:plain

 

このヘッドホンは本体から伸びているケーブルは4極ミニプラグで、パソコンで挿すにはマイクヘッドホンで分ける必要があります。そのため分岐延長ケーブルが付属してます。

 

使い心地

イヤホンよりいろいろな音を拾えるな、と最初に感じました。

しかし音の位置が両サイド若干後ろめで聞こえます。-30°ぐらい。

自分の環境だけかもしれません。オンボなので・・・

また、音の解像度も良いとは言えません。高級なヘッドホンを使ったほうが音の聞き分けはできるのかな、と感じました。

 

軽さ 取り回しは使っていてよいと感じた点です。ヘッドバンドがいいです。ほぼ万人向けといえます。ただ、音漏れが結構あります。形状からしてそういうタイプですがそこは留意点。

 

マイクのミュートは正直使っていません。TS3ではキーバインドでミュート出来るため。

 

4極プラグなのでiPhoneなどスマホでも利用できるのが良い点。

LINE通話も差し替えてこれで出られるので楽ちん。