しーノート

19歳の感性で出会ったものを伝えていく。今年の目標は『成功』

PUBGは1050Tiでは損をする!?僕が1060をオススメする理由

PUBGのスペックとして大手wikiがNVIDIA GTX1050Tiを推奨しています。

しかし、1050Ti は僕から言わせるともったいない買い物になるといえます。
過去記事、「PUBGの推奨PCスペックまとめ」で記載した1060 6GBをおすすめする理由を今回は解説していきたいと思います。

 

PUBGの推奨PCスペックまとめ。ギリギリ快適を攻めてみた!【5/9更新】 - しーノート

 

 

スペックから見る1050Tiと1060

スペック比較に使用するサイトはvideocardbenchmark.netとなります。
こちらで計測されたデータを元に考えていきましょう。

 

ちなみに:スペックを他機種と比較すると、1050Tiと960は同じぐらいで、970より性能は結構低く、750Tiより2倍近く良い、といった具合。

f:id:sea295x2:20170529181948j:plain

 

1060のほうが上位スペックですから、スコアが上であることは明白ですが、ここで注目したいのはシェーダプロセッサの数です。

 

シェーダプロセッサはグラフィックの中で陰影描画などに使われる物。
PUBGはオープンワールドであるため、陰影を含めたグラフィックの処理が高負荷になります。
そこで、1.6倍のプロセッサをもつGTX1060のほうが安心、というのが一つの理由です。

 

そして、某wikiwiki.jp/pubgjpwiki で掲載されている謳い文句"OC対応なので高クオリティにも対応"という点。
GPUでは、OCしてもコアクロックが100Mhzぐらい上がるだけ。
つまり、OC対応で高くなった価格の分だけ少し性能が上がる、ということになります

コアクロック100Mhz程度では大差はありませんのでご注意を。

 

価格から見る1050Tiと1060

f:id:sea295x2:20170529191203p:plain

 

この差をどう見るか、ですが、1050Tiはそもそもがお金が少ない人がPCはゲームをしたい、という感じの価格設定でいて、快適に重いゲームをプレイするものではありません。

 PUBGは少し高いスペックを使わないと快適にプレイできない、と考えれば27000円払う価値はあると思います。

加えて、これから新しいゲームが沢山でていく中で1050Tiはスペック難民になっていくでしょう。
実際、近い位置づけであった750Tiでは1年も経てば最新のゲームは満足に動きませんでしたし、常にスペック不足を感じていました。

 

数年に渡ってゲームに使用できる1060か、PUBGを上限として他の重たいゲームをしないと決めて1050Tiを買うか。あなたはどちらを選びますか?

 

 

 

 

余談:wikiの内容は支離滅裂。参考にならない部分も。

調べていて途中でわかったのが、wikiだから絶対信じられるわけではない、ということ。

なによりの証拠が、wikiのモニターの部分。
1050Tiだけでなく1080でも144fpsはなかなか出ないのにもかかわらず、というか144fps上限なのに、"144hzに対応"といってBenQ XL2411を紹介しています。

 

f:id:sea295x2:20170529195201j:plain

 

 

これからも、このブログは経験と知識を元に書いていきます。