しーノート

19歳の感性で出会ったものを伝えていく。esportsからスマホゲー、はたまた音楽と幅広く、これからにむけて

初心者が知っておくべき夏ファッション!安さで選ぶ5アイテム

夏って何を着れば良いんだろう?
そんなあなたにファッションを知らなくても適当にキマるファッションを紹介。


別にダンディじゃなくてもいいやつです。

よく見るのがめっちゃかっちょいいお兄さんが写ってるやつ。そんなのは無視です。

 

f:id:sea295x2:20170622212811j:plain

こういうおっさんが写ってるやつね。

 

 

 

1.トップス編

HanesxSHIPSの白T

まずいちばんに揃えたいのが真っ白なTシャツ
HanesのTシャツは1枚あたり1300円ほどでコスパがよく、無地・タグがないので着やすい服です。

f:id:sea295x2:20170621202716j:plain

 

これだけでもいいですし、シャツのインナーとしても活躍します。
夏に何度も着用してちょっと毛羽立ってきた頃には冬なので、冬服の下に着て一年近く持つのがいいところで、なかなかの耐久度です。

 

UNIQLO Uのオープンカラーシャツ

ユニクロの生産力+デザイナーで安くてかっこいいを提供するユニクロU。

今年のトレンドアイテムであるオープンカラーシャツを着れば、浮くことはまずないでしょう。

f:id:sea295x2:20170621211340j:plain

 

オープンカラーシャツは、日本語で言えば開襟シャツ、つまりは襟が開いたデザインのシャツをいいます。

 

このシャツはリヨセルを使ったサラサラな表面で、着ていて心地がいいだけでなく、ほどよいシワを演出して、ヒラヒラと涼しげな雰囲気をもたせます。

 

有名ブランドが5000~7000円で展開しているところ、ユニクロUでは3,000円を実現。手が出しやすい価格が素晴らしい!

 

2.パンツ編

RAGEBLUEのスキニーパンツ

足をシュッと魅せる大定番、スキニーパンツは誰が履いても合います。

究極の履き心地をもつRAGEBLUEのスキニーパンツは、初めて履いた時、思わず感動の声が「あはぁ」と出てしまいました。

 

f:id:sea295x2:20170621211316j:plain

それぐらいおすすめできる仕上がりで、今、価格が3240円と、こちらもコスパ抜群です。

カラーは圧倒的に黒が使い勝手よし。これだけ持っていれば最悪毎日なんとかなります。

 

春夏秋冬いつでも使える万能アイテムですから、いくつ持っていても損はありません。

ただ、熱々の外を歩くとさすがに蒸れるのでTPOをわきまえて。

 

UNIQLOのドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ

f:id:sea295x2:20170622210605j:plain

 

 ユニクロ イージーアンクルパンツは、その点で言えば足元の涼しさとリラックス感があり、夏っぽさが出ますね。

ドライタイプならサラッとした質感で、より爽やかに見えるでしょう。

 

足元にいくにつれて細くなる「テーパード」と呼ばれる設計で、ダボッとした感じを与えないところが◎。

 

パンツで気をつけるべきはサイズ
足首がダボッとしているようだとだらしないため、ジャストサイズを選びましょう。店員に言って裾上げすることをおすすめします。

 

逆にショートパンツだと難易度が高くなります。
膝まで出るわけですから、スタイルがモロに出てしまいます。
オシャレ上級者でもあまりしないのでショートパンツは辞めておいたほうが無難。

 

3.靴編

靴は皆さんきれいな物を履いていますか?
人が真っ先に見るのは靴と言われていて、実際のところ僕も靴屋にバイトに行ったときに店長がボロボロの靴を履いていて「あっ(察し)」ってなった経験があります。

 

夏は気分も明るく、新しい靴で楽しみましょう。アイテム数が減るからこそ、足に余計に注目がいくので、新調するのがおすすめ。


選び方のポイントは、ベーシックな物を買うことです。

ファッション用語でローテクと呼ばれる、ベーシックなスニーカー。
受け継がれてきたデザインは万人受け間違い無し。

 一番の例となるのがスタンスミスと呼ばれるアディダスのスニーカー。
ぶっちゃけこれに似たやつ買っとけばOKです。

 

f:id:sea295x2:20170622211532j:plain

 

ABCマートで靴を探す

 

オープンカラーシャツ+白T+スキニーをするとこうなる

f:id:sea295x2:20170621211954j:plain

 

実際に同じようにすると、こんなかんじ。

頭から下だけ見ても、バランスが整っていてスッキリして見えますね。
これらをベースに好きな服を買っていくと良いかと思います!

 

まとめ

  • 涼しげな物をチョイスしよう
  • パンツはTPOで臨機応変に
  • 靴は綺麗なものを。

 

画像引用元:zozo.jp uniqlo.com wear.jp abcmart.com