しーノート

19歳の感性で出会ったものを伝えていく。今年の目標は『成功』

【自分語り】しーという人間。体はesportsで出来ている。

僕、つまり、しー(ブロゲーマー)とは。

f:id:sea295x2:20170728161340j:plain

新潟県に住む19歳の男。現役の学生であり、ブログライターとして活動中。

ブログを始めたのは、データが残っている限りで6年前と実はかなりブログ古参です。

当時ピグと一緒にやっていたアメブロで今のような情報系と、FC2ブログで日記を書いていました。

f:id:sea295x2:20170727211342j:plain

 

▼FC2のエントリは実に491件。

f:id:sea295x2:20170727211359j:plain

 

気づいた時にはブログが人生の一部だったので、僕にとってはブログは趣味であり、生きる意味でもあります。

そんな僕のブログですが、3年前からはこの「しーノート」に一本化し、ゲーム、音楽など自分の好きなことを書いています。自分の経験した情報を書くことがモットー。

 

ブログ以外の趣味はゲーム。見るのもやるのも好きで、ブログとまとめてブロゲーマーと勝手に名乗ってます。

好きなアーティストはUVERworldBiSH、女性のタイプは高身長でファッションが好きな人です。

高校時代は演劇に身を投じ、役者として県大会まで進出しました。

 

 

 

しー、esportsについて語る。

突然ですが、esportsという言葉をご存知でしょうか?
競技性の高いゲームをスポーツとして、競技・エンターテイメントに昇華させたものをesportsと言います。

海外では、スタジアムを貸し切っての大きな大会や、テレビ放映など、大人気のエンタメになっています。

 

世界での競技総人口は推定1億人。バスケットボール、サッカー、クリケット、テニスに次ぐ世界5位のスポーツとも言われています。(ちなみに野球は3000万人程度)

f:id:sea295x2:20170728003936j:plain

Why eSports are a genuine threat to pro sports leagues | The Drumより。
規模はスタジアムを埋めるほどまでに

 

主なタイトルは、

ときどさんが世界大会で優勝した「ストリートファイターV」(格ゲー)

「ハースストーン」(カードゲーム)

「League of Legends(LoL)」(MOBA*1

「Counter-Strike: Global Offensive」(FPS*2

などが挙げられます。

 

カリスマ性のあるプレイヤーと、やりがいのあるゲーム。
僕はゲームで世界が盛り上がるesportsに魅せられ、いつしか国内外問わず観戦するesports大好きマンになっていました。

(Twitterで知らない人が見たら全くわからないような考察を重ねるほどには)

現地との時差のため夜3時まで好きなチームを応援することは毎月のようになっています。

 

海外のイケメンで、チームを仕切る"Shox"に惚れたり、天才的スナイパー使いの"KennyS"の大ファンだったりと、人物で見るのが好きです。

日本だとLoLのDFM所属、Paz選手が面白いプレイヤーだと思います。なぜなら......

と、語れる知識量をこれまでに身に着けました。

f:id:sea295x2:20170728070235j:plain

(左:Shox。チームをまとめるゲーム内リーダーを務める。右:KennyS。世界で3本の指に入る天才スナイパー。)

 

なによりesportsでは不利な状況での逆転、最後までわからないハラハラ感、超人同士の読み合いと、スポーツと同様に感情移入して心臓を鳴らしながら楽しめることが面白いです。(あまり長くなってしまっても困るので、この話はまた今度!)

esports大好き人間の、活動の目標

f:id:sea295x2:20170728035219j:plain

僕の目標は、「ライティングスキルをあげて、esports専門のメディアを作ること」です。→現在Wordpressにて立ち上げ中。最初はTwitterの拡大版として、日々流れてくるニュースに見解や補足事項をあわせて紹介していきます。

 

esportsという世界を、もっと日本で沢山の人に知ってほしい。それが理由です。

 

というのも、日本のesportsは海外と比較してプレイ人口も視聴者数もまだまだ少ない状態。

実際、esportsのタイトルをプレイする人口比は、海外と比べてかなり少ない現状があります。*3

 

なぜなら、各esportsタイトルには競技性ゆえのハードルがあるからです。
僕は人気を出すにはまず、新規参入のハードルを下げることが必要だと思います。

例えばカードゲームであれば、今強いデッキテーマとその対処法だったり、FPSならマップの強い場所や武器の使い方を知っていなければ、まともに戦うことすらできません。


つまり、初心者に必要な知識量が多いので、プレイ人口増加には知識の元となるメディアが重要ということです。誰だって、調べて勉強してなにかを上手になっていくもの。

 

加えて、esportsという言葉自体の認知度もそれほど高くありません。
ゲームそのものの魅力が伝えきれていないというワケ。

なので、プレイの解説などの観戦の楽しみ方なども伝えていける場所が必要です。

 

プレイヤーとしての楽しみ方、観戦者としての楽しみ方を、もっと世に伝えていきたいと、僕はesportsに触れるたびに思っています。

 

ゲームの遊び方から大会の見方まで、楽しむためのすべてが詰まったメディアが、esports発展のカギになります。

今はそれがないから、今後発信していけばいいというだけです。

 

~ここまでのまとめ~

f:id:sea295x2:20170728043755j:plain

 

しーの今とこれから。

僕にはプロゲーマーほどの実力も才能もありません。
だからせめて文章で貢献したいのです。

これまでは自己満足のブログでしたが、今は目標の為に、書くことを増やしたり、SEOを勉強しつつ、ゲームだけでなく色々なものの魅力を伝えています。

そもそも僕はゲームだけの魅力を伝える人ではありません。
経験から、自分の好きなものすべての魅力を伝えるブロガーです。

その一つとしてゲーム、esportsの魅力を伝えたい!という事です。

 

実際、今まで何をしたかといえば、環境に甘えて好きなことだけをちまちま書いていただけでした。

それを反省し、今後はもっと多くの時間をスキルの向上と発信に使って、必ずゲームを、esportsを、エンタメとして確立させます。

 

サイト立ち上げについて

f:id:sea295x2:20170728035425j:plain

正直な所、僕個人がサイト立ち上げからすべての運営まですることは無理があります。
そこで今考えている最終的なルートは、オウンドメディアとして広げていく方法。

お金を貰ってゲームをするプロゲーマーには、プロチームが支えとなっています。
そのプロチームや選手と協力してチームのオウンドメディアにしてしまおう!という目論見。

 

プロチームと協力しあう事で、プロ選手の知識を拝借することが可能になり、情報に正確性が生まれます。前述しましたが、経験した情報を書くことがモットーです。

プロゲーマーの協力無くして質の高い情報は生まれません。

実例として、海外のBoomeoというサービスでは、複数の世界トップレベルチームと契約し、ゲーム内の技術を広めています。

 

メディア、という中身に触れていませんでしたが、まさにこのBoomeoがいい例。文章と動画の2つを柱にしていきたいと思っています。

WEBサイトとしての体裁が整うまでは、このしーノートが僕のesports記録ノートです。

まとめ

  • しーはブログとゲームが大好き19歳
  • 今までやっていたこと:自分の好きな事の魅力を伝えている
  • 今やっていること:esports発展のためのメディアを作ること

意外な形で私とesportsについて書くこととなりました。
僕についてちょっとでも興味を持ってくれたはフォローお願いします!

 

 

 

*1:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナの略。複数人が同じマップでキャラクターを操り、協力してマップ最奥の本陣を破壊するゲーム。

*2:広義ではシューティング。FPSはファーストパーソン・シューティング=一人称視点シューティングという意味。

*3:では海外は、というと韓国ではPCゲームに特化したネカフェ、通称"PCバン"によって子供の頃から触れているなど、人気の理由は様々ですがなにかあります